なぜ、コンピューター音声の大半が女性の声なのか

なぜ、コンピューター音声の大半が女性の声なのか

カテゴリ:日記

ふと思ったが、世の中のコンピュータ音声認識システムの声は男声より女声の方が多い。

カーナビだとか、留守番電話システムだとか、そういった物に流れる声は女性の声だったりする。

当たり前のように使っているし、特に疑問に思ったことも無い。

その辺の秘密をYahooニュースが教えてくれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000014-cnn-int

(CNN) ボイスメールシステムからGPS(全地球測位システム)端末、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4S」の音声アシスタント機能「Siri」に至るまで、なぜコンピューター音声の多くは女性の声なのか。

1つには生物学的な理由が考えられる。複数の科学的研究から、一般に人は男性の声よりも女性の声に心地良さを感じることが分かった。

「誰もが気に入る男性の声よりも誰もが気に入る女性の声の方がはるかに見つけやすい」と語るのは、米スタンフォード大学教授のクリフォード・ナス氏だ。ナス氏によると「人間の脳が女性の声を好むように作られているというのはれっきとした事実」だという。

ナス氏によると、人の声の好みは胎児の頃から始まるという。ある研究で、複数の胎児が自分の母親の声には反応したが、他の女性の声には反応しなかった。しかし、胎児らは自分の父親の声にも明確な反応を示さなかったという。

また歴史的な理由もある。ナビゲーション機器に女性の声が使われるようになったのは第2次世界大戦からだ。当時、飛行機のコックピットには、男性パイロットの声と区別しやすいとの理由から女性の声が採用された。また伝統的に電話交換手も女性が務めている。そのため人々は女性の声によるアシストに慣れてきた。

シリコンバレーのアナリストで、米調査会社クリエーティブ・ストラテジーズの社長でもあるティム・バジャリン氏によると、自動車メーカーが数十年前、最初に自動音声プロンプトを採用した際に行った消費者調査で、男性の声よりも女性の声を好む人の方が圧倒的に多かったという。

要するに聴きやすいと言う事だ。

僕たちはひとつ勉強になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« ひとりぼっちのビールかけ|
一覧へ
|11歳、こっそりカード決済百万円...ゲームで »


ページの先頭へ

CYBERJETSHIN SITE MENU

Copyright (C) 2012 CYBERJETSHIN All Rights Reserved.