近頃のセキュリティ対策

近頃のセキュリティ対策

カテゴリ:日記

近頃、衆議院内のウィルス感染のニュースにより、パソコンのセキュリティ対策等の報道を目にします。
官公庁では、2000年あたりから、ホームページの改ざん等のセキュリティの脆弱部分を攻める攻撃を受け、慢性的にウィルスの被害にあっている。
僕も当事者ではないものの、その被害を目の当たりにしている。

官公庁、その外郭団体を含むこれらの施設では、予算の無駄遣いに国民から責め立てられているが、PCやサーバ等に対するセキュリティ対策については、さほど注視していないようです。
つーか、現在に至るまで、ITに疎い職員が多いのかもしれません。

日本のエリート層が集まる官公庁でこの有様なら、一般企業、家庭も怪しいもんです。

一般的に、セキュリティ被害の多くは、外からの脅威より、内部からの脅威の方が多いといわれています。

社員、職員が家庭からウィルス付のファイルを持ち込み、社内に蔓延する事も多いのです。

家庭に持ち込むのは駄目だといいつつも、若手社員は持って帰らなきゃ終わらないって事もあり、やむを得ず持ち帰る事があるのです。

仕事量については、その会社の労働環境によるもので、それはそれで解決してもらいたいですが、現時点では持ち込む事を想定して考えないといけないです。

家庭で十分なセキュリティ対策を施すのなら、まずはウィルス対策ソフトウェアでしょう。
家庭での利用頻度にもよるでしょうが、最低でもソフトウェアの導入は必須です。

気を付けましょうね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

« 11歳、こっそりカード決済百万円...ゲームで|
一覧へ
|任天堂、3DS不振で初の最終赤字へ 年末に有力ソフト投入 »


ページの先頭へ

CYBERJETSHIN SITE MENU

Copyright (C) 2012 CYBERJETSHIN All Rights Reserved.